【失敗しない】パパ活顔合わせ相場とお手当交渉タイミング!

パパ活の顔合わせ相場はおいくら?

パパ活 顔合わせ

相場以上稼ぐための「パパ活お手当交渉タイミング」も含めてわかりやすく解説します。

これにより失敗しない、パパ活顔合わせの方法も簡単にわかります。

 

パパ活顔合わせ相場

パパ活顔合わせ相場は5,000円から1万円です。

私も実際にパパ活してみて、やはり顔合わせのお手当は5,000円以上が多いです。

30代のアラサー女子にオススメのパパ活サイト
パパ活歴2年目にしてやっと月収80万円になりました。 そんなわたしも1年目に利用したパパ活アプリでは、ほとんど稼げませんでした。 しかし、あるパパ活サイトを利用してから劇的に収入が増えました! この方法をもっと早く知りたかったです。

 

パパ活顔合わせお手当タイミング

私の場合、パパ活のお手当を「交渉するタイミング」や「言い方(交渉方法)」が最初はわかりませんでした。

調べてみたら最初から、顔合わせ時のお手当を事前にパパ活サイトのメッセージ交換の時点でする方が多いようです。「ホ別2(ホテル代別で2万円)」など、交渉用の専門用語もあります。

でも私は、初対面の方との顔合わせは「実際に会っての印象」を知ることが目的です。中には実際にお会いした時に「生理的に無理だなぁ・・・」「もう会いたくない」という男性もいます😂

男性側も私が「ぽっちゃりすぎて好みじゃない」ということもあります(汗)

そのため実際のパパ活で合う前から、お手当の交渉をするのはお互いにリスクがあるのです。

 

また会いたいパパ候補とLINE交換

事前にお手当を提示することもしていません。「また会いたい」と、お互い思えた時だけLINE交換後の連絡にも応じています。

そして、私の方から何も言わなくても「5,000円以上交通費として、お気持ちをいただける方」が継続すべき『パパ候補』となります。

お手当なしの場合は、また別の方と顔合わせしています。相性もありますので、次、次と切り替えていくほうが気持ちも楽です。

👉 お食事して、適当にお話し「お手当がでるかどうか?」

次もお互い「会いたいと思うか?」を確かめるチャンスが無料で作れる。

それが、初顔合わせですので「お手当なしでも構わない」という活動スタイルでやってます。

また「お手当なし」を嫌がるあまり事前にお手当交渉すると、「太パパ候補」に避けられることのほうがダメージが大きいとも考えています。

 

パパ活の顔合わせで太パパを探す

顔合わせは、会社経営に例えると「新規開拓」です!

会社は新規開拓のために広告を出しますが、パパ活サイトを使えば無料です。

また事前交渉したら逃げてしまうタイプのパパ候補とも実際にお会いし「反応」を確かめています。

無料でお会いし、運が良ければ「太パパ候補」と出会える!・・と考えて活動したところ、自然に相場以上のお手当をいただける「太パパ」と出会えるようになりました。

そのため、顔合わせで「最初からお金を求める」のではなく、実際にお話できるチャンスと考えています。

これは男性側も同じです。

常連のパパから聞いたのですが「業者じゃないか?大丈夫かな??」と、初対面の時は心配な気持ちを持っていたそうです。

 

実は「男性」は業者を避けるために四苦八苦しています

女性側から男性を誘ったり、お手当を露骨におねだりすると、逆に「足元を見られる」。

または、「業者と勘違い」されることがあります。これがよくある失敗です。

業者とは、違法な「闇援交デリヘル」と呼ばれる組織のことです。男性の業者が女性のふりをして、男性にメッセージを送信し、実際に会うときは組織に所属する女性がでてきて男性側はびっくりするので、ものすごく警戒しています。

また、女性側からパパ活サイトの「掲示板」に相手を募集する投稿をし、不特定多数に募集をかけたり、女性側からメッセージを送ってお誘いすると「業者」と勘違いされる危険性があります。

また、パパ活サイトの利用規約違反になってアカウントがBAN(追放)されるリスクもあります。

 

無駄にブロックされることを避ける

相手の男性に「ブロック」されてしまうと、顔合わせするチャンスを逃してしまいます。

パパ活サイトの中で、面識の無い男性に対して、女性から積極的にお誘いのメッセージを送るのは「自分を安売りする行為」だと思います。

しかも、素人女性を探している太パパ候補の男性に避けられるのでご注意ください。

 

👉 では、具体的にどうしたら良いのか?

 

自分から誘わずパパが集まる仕組み

パパ活サイトに登録し、プロフィールを作ったらあとは自然に男性からメッセージが届きます。

そのメッセージに返信しながら、「顔合わせしたい」方と順次お会いしてます。

定期のリピーターのパパと会うので一杯になったら、新規開拓はしばらくお休みです。

でもできれば、パパがあなたの定員オーバー状態になっても、定期的に「顔合わせ」の予定を入れて新規開拓しておくほうが良いですよ。

より好条件の定期パパを常に開拓することができると、安定した形でパパ活収入が増えます。

 

男性側からメッセージが届かない?

万が一、パパ活サイトに登録しても「男性側からメッセージが届かない場合」は、プロフィール作成に失敗しているだけです。

例えば、やたらと「性的PR」で誘惑しているようなプロフィールは「業者」と間違われ男性に避けられます。

またプロフィール写真を、まったく掲載してないのもよくありません。

これは難しいことはなく、ポイントは「素人らしく最低限の条件をクリアしたプロフィール」を作ることだけのことです。

パパ活サイトでの「プロフィールの作成方法」も合わせてご参考ください。

>>パパ活サイトのプロフィール作成方法

 

顔合わせお手当交渉方法

お食事して約1時間前後で最初の顔合わせは終了させております。

私のやり方は最初の顔合わせで「お手当交渉」も自分からはしません。

私の場合、そのまま「お手当が出ない」ということも稀にあります。

しかし、リスクはそれだけです。特に心配なことやトラブルの心配もありません。

合う前から、露骨にお手当交渉すると、男性側も警戒してしまいます。

ですので、顔合わせは「お手当がでたらラッキー♪」という感覚で『数』をこなし、自分と相性の良い「太パパ候補を探すチャンス」と捉えてみてはいかがでしょうか?

30代のアラサー女子にオススメのパパ活サイト
パパ活歴2年目にしてやっと月収80万円になりました。 そんなわたしも1年目に利用したパパ活アプリでは、ほとんど稼げませんでした。 しかし、あるパパ活サイトを利用してから劇的に収入が増えました! この方法をもっと早く知りたかったです。

 

 

LINE交換は断らない

実際にお会いして私の方で「もう会いたくない」と思った場合でも、「LINE教えて!」と言われた場合はライン交換しています。

個人情報はわかりませんので、お相手したくない場合は、お別れした後にブロックすれば良いだけだからです。

お手当がもらえない。その後のやり取りでイマイチなお方だった・・・

そんな場合もLINEであれば、その後の連絡手段としてお手軽です。LINEは実際に会った後に、求められたらIDを交換しています。

顔合わせのお手当を頂いた直後に、自分から「LINE交換します?」とお誘いするのは有りですね。

でも、それも含めて自分から言わないほうが、主導権を得る流れに自然となりますね。ガツガツしないことがパパ活で太パパを獲得するコツだと感じてます。

30代のアラサー女子にオススメのパパ活サイト
パパ活歴2年目にしてやっと月収80万円になりました。 そんなわたしも1年目に利用したパパ活アプリでは、ほとんど稼げませんでした。 しかし、あるパパ活サイトを利用してから劇的に収入が増えました! この方法をもっと早く知りたかったです。