【失敗談】30代主婦のパパ活は普通にやっても稼げない!

将来のことも考えて、今お金を稼ぐことが大切だし今現在もお金が欲しい!

ということで、自分で稼げる「パパ活」を開始しました。

 

わたしは毎日、お昼から自由時間です・・・・・と言っても、今までは外で働いていた時間です。

 

わたしが「自力で稼ぐ!」と決心して始めたのがパパ活です。

30代でパパ活開始は遅いと思ってたし、「年齢の壁」は実際ありました。

 

 

失敗!30代パパ活の壁【稼げない】

わたしは今37歳です。

「30代後半のアラフォーの主婦に会いたがる男性がいるの?」・・・と正直自分でもまったく自信がありませんでした。

見た目も年齢相応かそれ以上だと思います。しかも、わたしはぽっちゃりさんです。バストも大きくないしスタイルも全然良くないです。

顔も全然美人ではありません。とても地味です。

 

最初の10ヶ月はパパ活で失敗!ダメだった

わたしは、Paddy67(パディロクナナ) 、Sugar Daddy(シュガーダディ)などのパパ活アプリから活動をスタートさせました。

それが失敗理由となりました。10ヶ月間、太パパをつかめず都度パパを探してはお手当少々。探してはお手当少々の毎日でした。

 

失敗から成功へ

でも、パパ活で稼げるサイトを見つけてからは「水を得た魚」状態になりました。

 

実際にお金を稼げるようになり『太パパ』が付くと自信になりました。お財布が膨らんで心が比例して満たされてきました。

30代主婦がパパ活で稼いだお金

お金があれば嫌なことをしなくても良くなるし、今まで我慢してきたことが全部できるようになりました。今まで無頓着だった「美容」にもお金をかけられるようになりました。

 

ここからが好循環です。周りからも、「垢抜けた」とか「若くなった」とか別人みたいだと言われるようになってきました。

 

やったことは、「二重まぶた」のプチ整形程度ですが、コンプレックスが解消される都度、自信がつきました。

今は、おしゃれを楽しむために「筋トレダイエット」にも挑戦中です!

※ でも全然やせてません(汗)

 

アラフォー30代主婦のパパ活

40代前後のアラフォー主婦のわたしですが、会いたがる男性は多いです。

 

ただし、パパ活サイト選びが重要でした!

それが、一般的なパパ活アプリやパパ活サイトではアラフォー、30代以上は厳しいのが現実だからです。

 

例えば、Paddy67(パディロクナナ) 、Sugar Daddy(シュガーダディ)などのパパ活アプリは30代以上には厳しいです。

 

パパ活アプリは、競争が激しいです。また男性は、「若い女の子」が目当てで登録しています。10代、20代前半のパパ活女子がとても多いので、30代以上は浮きます。

これが1番つらい!・・・と感じました。

 

わたしが稼げるパパ活サイト

相手の男性の年齢層が高いパパ活サイトがベストだと気がついたのは、パパ活開始から10ヶ月後でした。

もうやめようかな・・・とパパ活に挫折してがっかりしてたんです。

 

ここはどうだろう?パパ候補と出会えるかな?

・・・とワクワクメールに登録しました。

 

そして、「プロフィール」を作り放置しました。

すると『メッセージ』が男性側から届きました!

正直、大発見でした。

 

 

自分からメッセージしたら負け!

他のパパ活サイトでは、自分からメッセージしたり掲示板などに投稿してました。

パパ活のため、男性側に積極的に発信してました。

 

それに対してワクワクメールは、「待ってるほうが良い」とわかりました。それから、『待ちのパパ活』という独自スタイルができました。

 

メッセージを受けてその返事をして、良さそうな方だけを選んで顔合わせする。顔合わせでお手当をもらってリピーターになってくれて、わたしも楽しく相手できる人だけパパにする。

太パパ

これで太パパだけが残って増えています。かなりの攻略法だと実感しています!

 

↓ わたし流のパパ活のやり方をまとめました。

>>ワクワクメールでパパ活する方法